C# と WPF についてのメモ


Visual Studio で GUI アプリを作るのに使える WPF についての覚書です。

ページ遷移の方法

NavigationWindow を使えば良い。

ViewModel のプロパティを変更したときに、画面の表示内容が変更されるようにする方法

ViewModel で INotifyPropertyChanged インターフェースを実装すれば良い。

参考:

バックグラウンドで処理を実行する方法

BackgroundWorker を使えば良い。

参考:

タイマーで一定時間後に処理を実行する方法

DispatcherTimer を使えば良い。

フルスクリーン表示する方法

MainWindow.xaml で Window タグに以下の属性値を設定すれば良い。

WindowState="Maximized" WindowStyle="None" Topmost="True"

Ruby の map や inject の様な処理をする方法

それぞれ Select, Aggregate を使えば良い。

例)文字列の各バイトの排他的論理和の計算

Encoding.ASCII.GetBytes(str).Aggregate(0, (a, b) => a ^ b);

起動時に、前回終了時のウィンドウ配置を復元する方法

以下の通りにすれば良い。

ウィンドウの配置状態の保存のサンプル

次のようにコードを整備しておくと使い回し可能で便利!

WPF でウィンドウ位置とサイズを保存・復元しよう | grabacr.nét

コードビハインドから名前を指定してコントロールオブジェクトを取得する方法

FindName メソッドを使えば良い。

拡張メソッド

拡張メソッドを使用すると、新規の派生型の作成、再コンパイル、または元の型の変更を行うことなく既存の型にメソッドを “追加” できます。

参考

[amazon asin=”4798114200″ /]

カテゴリー: 記事 パーマリンク

コメントを残す