Vagrant の使い方の覚書


Vagrant は VirtualBox などの仮想マシンを制御してくれるソフトです。
ソフトウェアの開発の時に利用すると、いろいろ便利そうです。
以下、Vagrant の使い方のメモです。

導入手順・使い方

  1. VirtualBox をインストール

    https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

  2. Vagrant をインストール

    http://www.vagrantup.com/downloads.html

  3. BOX を Vagrant に登録

    仮想マシンのイメージファイルのことを Vagrant では BOX と呼びます。
    WEB 上で公開されているものや、あらかじめ自分で作っておいたものを利用できます。
    BOX を Vagrant に登録することで、そのイメージファイルを元にした仮想マシンを簡単に作成・破棄できるようになり、使い回しが容易になります。

    A list of base boxes for Vagrant – Vagrantbox.es

    > vagrant box add [ボックス識別子] [BOXファイルのURLまたはPATH]

    ※自分にわかりやすいように [ボックス識別子] を定義します。

    box add を実行すると、デフォルトではホームフォルダ (HOME) に box ファイルが保存されます。そのパスに全角文字が含まれていると、以下のステップで仮想マシンの起動に失敗します。この場合、box 保存先を示す環境変数 (VAGRANT_HOME) を指定してから box add を実行すれば良いです。

  4. 仮想マシンを作成

    > cd [仮想マシン用のフォルダ]
    > vagrant init [ボックス識別子]

    → Vagrantfile という名前の設定ファイルが作成される。

  5. 起動

    > vagrant up

    → 初回起動時、VirtualBox 上に仮想マシンが作られる。

  6. SSH 接続

    以下のコマンドで仮想マシンに SSH 接続できます。

    > vagrant ssh

    ホストOSが Windows の場合には、上記のコマンドで表示される接続情報を参考に PuTTY などで接続すれば良いです。必要であれば、PuTTYgen で秘密鍵を PuTTY 形式に変換します。

  7. 共有フォルダー

    ホストOS上の [仮想マシン用のフォルダ] と仮想マシン上の /vagrant ディレクトリはリンクしています。

    Vagrantfile に次のように記述すると、共有フォルダのディレクトリやファイルのパーミッションなどを設定できます。

    config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", mount_options: [‘dmode=775′,’fmode=775’]
  8. BOX の作成

    自分で BOX を作成するには、[仮想マシン用のフォルダ] で以下のコマンドを実行します。

    > vagrant package

コマンド

コマンド 説明
init
destroy
仮想マシンの作成と破棄
up
halt
仮想マシンの起動と停止
suspend
resume
仮想マシンの一時停止と再開
status 仮想マシンの実行状態を確認
reload 仮想マシンの再起動

プラグイン

sahara

仮想マシンを SandBox として実行できるようにし、仮想マシンに対する変更の Commit と Rollback を可能にする。

インストール

> vagrant plugin install sahara

sandbox の on, off

> vagrant sandbox [on | off]

変更の破棄

> vagrant sandbox rollback

変更の確定

> vagrant sandbox commit

参考

Vagrant入門 (全13回) – ドットインストール

カテゴリー: 記事 パーマリンク

コメントを残す