Unicorn, Redmine, Nginx などの設定


Redmine を Unicorn, Nginx サーバー上で動かすための設定の覚書です。

Ruby のインストール

rbenv と ruby-build を使って Ruby をインストール・管理する。

rbenv,CentOS6.5で作るredmine環境

Redmine のインストール

以下がわかりやすい
Redmine 2.1をCentOS 6.3にインストールする手順 | Redmine.JP Blog

最終的に Unicorn で動かすので、Apache, Passenger 等の設定は不要である。
動作確認は以下のコマンドで行う。

$ bundle exec rails s -e production

Redmine.JP

Unicorn のインストール

参考
nginx + unicorn + redmine 2.0 を ubuntu で動かしてみた。 – kaz_shuの日記
次世代RailsサーバーUnicornを使ってみた | TechRacho

ここまでの動作確認

$ unicorn_rails -c config/unicorn.rb -E production -p 3000

起動スクリプト

以下を各自の環境に合わせて修正し、chkconfig で自動起動の設定をしておくと良いです。
https://gist.github.com/308216
(/etc/rc.d/init.d ディレクトリにスクリプトを保存し、他のスクリプトを参考に少しフォーマットを修正し、chkconfig –add で登録)
参考: redmine を apache, mysql, unicorn, rvm を用いて動かす – 飽きっぽいITエンジニアのブログ

nginx のインストール

上記の [Unicorn のインストール] と同じところが参考になります。
以下も参考になります。
さくらVPS: Nginx + Apache 構成の設定方法 | ブレン

動作確認

$ service nginx start
カテゴリー: 覚書, 記事 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す