TeXについてのまとめ


忘れがちなコマンドなどをまとめていこうと思います。

TeXのテンプレート

template.tex

TeX環境

MathJax
ブラウザ上に数式をカッコ良く表示してくれるJavaScriptです。
htmlの中に以下のscriptタグを記述しておくと、htmlに含まれるTeXコマンドが自動で変換されます。

単一行の数式は $ で囲む代わりに \( と \) で囲みます。

Internet Explorer8で正常に動作させるためには、htmlのheadタグ内に以下を記述します。
TeXインストーラ 3
Windows上にTeX環境を構築するために必要な数十のソフトを一括インストールできます。
祝鳥(のりてふ)
LaTeXの統合環境を実現する秀丸エディタ用のマクロです。
詳しくはこちら → 祝鳥による TeX 環境の構築法

パッケージの追加方法

  1. 対象のパッケージをダウンロード

    http://www.ctan.org/

  2. パッケージ本体のファイル(.sty)があれば、それを適切な場所に保存

    例)”C:\tex\share\texmf\tex\latex\algorithm\algorithm.sty”

  3. .styファイルがない場合

    .dtx ファイルと .ins ファイルを同じフォルダに保存し、以下のコマンドを実行することで .sty ファイルが作成されます。

    > platex ○○.ins
    または
    > latex ○○.ins

    作成された .sty ファイルを適切な場所に保存します。

  4. 以下のコマンドを実行し、ls-R ファイルを更新

    > mktexlsr

参考

TeX Wiki – 各種パッケージの利用

TeXコマンド

以下、数式を右クリックし、[Show Source] を選択するとTeXのソースが表示されます。

  • (検索できる)アンダースコア(アンダーバー)を表示する方法

    \_ とエスケープすることでアンダースコアを表示できます。しかし、これだけではPDFに変換後、アンダースコアでの検索にヒットしないことがあります。この問題を解決するには以下の方法があります。

    • fontenc パッケージを使う方法

      TeXのヘッダーに以下を記述すれば良い。

      fontenc パッケージを使うと、PDFに変換した際にアンダースコア(アンダーバー)を正しく検索できるようになります。しかし、fontenc パッケージを使うだけではフォントがビットマップで生成され、汚くなってしまうため、lmodern パッケージを利用してフォントを変更しています。

    • pifont パッケージを使う方法

      TeXのヘッダーで

      と宣言しておき。本文に

      と記述すると、検索できるアンダーバーが表示されます。

  • 文書外、文書内リンクやしおりの作成

    hyperref パッケージを使うことで可能です。
    参考: hyperref – TeX Wiki

  • プログラムのソースコードを表示する方法

    listings パッケージを使う

  • イコールをそろえる

    \[ \begin{eqnarray*} f(x) & = & x^2 – 3x + 2 \\ & = & (x – 2)(x – 1) \end{eqnarray*} \]
  • 和・積

    \[ \sum^\infty_{k = 1} \frac{1}{k} = \infty \] \[ \prod^5_{k = 1} k = 5! = 120 \]
  • 集合, 縦線, 左肩に記号

    \[ 素数 = \left\{ p \in \mathbb{Z}_{\ge 2} \mid 1 \lt {}^\forall n \lt p, n \nmid p \right\} \]
  • 二項係数

    \[ \binom ab = {}_aC_b \]

参考

TeX Wiki
LaTeX:Symbols
パッケージ一覧
LaTeXコマンド一覧

[amazon asin=”4798115363″ /] [amazon asin=”4873113598″ /]

カテゴリー: 記事 タグ: パーマリンク

コメントを残す