デュアルディスプレイで片方の電源をOFFにする方法


普段デュアルディスプレイにしていると、しばしば何らかの理由(省エネ等)により片方のモニタの電源を一時的にOFFにしたくなることがあります。ただ単に片方のモニタの電源を切るだけだとデュアルディスプレイの設定は有効なままであり、新しく起動したアプリが電源を消した方のモニタに開かれるかもしれません。
ここでは、簡単にデュアルディスプレイ/シングルディスプレイを切り替える方法を紹介します。
(Windows7以降限定)

Windowsロゴキー + Pキー を押すと、画面中央に以下が表示されます。

一番左の「このコンピューターのみ」を選択すると、メインモニタのみのシングルディスプレイになります。デュアルディスプレイに戻す場合には「拡張」を選択し直します。

Windows10 の場合は画面の右端に以下の選択肢が表示されます。操作方法は同じです。

※メインディスプレイがセカンドスクリーンになるよう配線&設定 しておくと、上記画像のように選択肢が隣り合っていることから、シングルディスプレイとデュアルディスプレイの切り替えが少し楽になります。

カテゴリー: 記事 タグ: , パーマリンク

デュアルディスプレイで片方の電源をOFFにする方法 への6件のフィードバック

  1. m のコメント:

    アイコンが移動してしまい意味ないです

  2. NORI のコメント:

    どういう意味ですか?

  3. 匿名 のコメント:

    デュアルディスプレイからシングルディスプレイに設定変更がされるのであって デュアルディスプレイの片方の電源を切っているわけではないので、 2枚目以降のディスプレイに、アイコンなどを配置していた場合、 シングルディスプレイに配置されなおしてしまう、ということでしょう。

  4. NORI のコメント:

    なるほど

  5. 匿名 のコメント:

    アイコンの配置を記録するソフトが無償であるので、それを使うといいと思いますよ。

  6. 匿名 のコメント:

    小さいサブディスプレイのみ表示されてショック 良い方法は以外にないものですね

コメントを残す